教育についてこのページを印刷する - 教育について

教育について

教育理念

病院の理念と看護部の理念を基盤とし、組織の一員及び専門職業人として主体的に行動できる看護師を育成する
 

教育目的

社会人かつ看護の専門職業人としての自覚を持ち、病院の機能に応じた専門的な知識・技術・態度を身につけ、対象のニーズを満たす看護を責任を持って実践できる看護師を育成する
 

教育目標

  1. 社会人として、組織の一員としての基本的な姿勢・態度を身に付けた看護師を育成する
  2. 専門職業人として高い倫理観を持ち、看護を実践する上で倫理的問題を常に意識しながら行動することができる看護師を育成する
  3. 対象一人一人に適した看護展開能力を習得させ、その能力を発揮しながら実践できる看護師を育成する
  4. 患者が安全・快適に療養できる環境かを判断し整えることができる看護師を育成する
  5. 専門的な知識・技術の習得を図ることを目的に、常に自己研鑽し自分を高める看護師を育成する
  6. 後輩の段階に応じた指導・教育・共育を行うことができる看護師を育成する
  7. 医療チームの一員として多職種と協働しながら、患者の意思を尊重した看護を実践できる看護師を育成する
  8. 看護実践のなかで研究的な取り組みができる看護師を育成する

能力開発プログラム

新人看護職員支援体制

各部署にプリセプター・実施指導者・教育担当者(副看護師長)・教育管理者(看護師長)を置き、部署全体で支援する体制を整えています。

新人研修公開講座について

当院看護部では、新人看護職員研修および新任期看護職員研修を公開研修として実施しております。
受講をご希望の方は、申し込み用紙に必要事項を記入し、申込み期日までに下記メールアドレスまたはFAXでお申し込み下さい。

卒後研修プログラム

卒後研修プログラム

レベル別コース

レベル I コース

目的

専門職業人としての自覚を持ち、看護実践者としての基本的な知識・技術・態度を習得できる。
 

目標

  1. 職場に適用できる。
  2. 看護基準・手順に沿った看護を実践する。
  3. 多様な価値観・信条や生活背景をもつ人を尊重した行動が取れる。
  4. 日常の看護実践の中で、支援を受けながら看護行為の振り返りができる。
 

新人看護職員教育研修プログラム

上段はレベル I 研修内容(研修報告にリンクします)
下段は各病棟における看護実践研修(技術確認計画)内容
 
4月 新規職員採用者研修
看護技術演習・接遇・感染予防策
5月 報・連・相
適切な報告・連絡・相談・夜勤の心構え
6月 援助的コミュニケーション
プロセスレコードを通して患者の思いを知る
7月 リフレッシュ研修
9月 看護論理と患者の権利
医療論理の4原則、看護論理網領を理解する
10月 医療安全(KYT)
看護専門職としてリスク感性とインシデントレポートの必要性を理解する
11月 多重課題
体験とリフレクションを通して安全な看護を考える
12月 看護基準・看護手順
根拠に基づいた看護実践の必要性を理解する
1月 看護技術の技術確認
看護技術チェックにより現在の習得状況と課題が分かる
2月 「私の看護観」
その人らしさを支える看護を考えることにより、自己の考えを伝える
3月 1年間の振り返り    

レベル II コース

目的

看護実践者としての役割と責任を自覚し、根拠に基づいた看護を計画的に実践する。
 

目標

  1. 患者・家族反応を受け止め、根拠に基づいた看護を実践できる。
  2. 看護実践のなかでの倫理的問題に気付くことができる。
  3. 自己の課題を見出し、文献学習する。

レベル III コース

目的

看護実践者としての役割と責任を持ち、病棟の課題や看護の質の向上に向けて主体的に取り組むことができる。
 

目標

  1. 看護実践者としてリーダーシップを発揮しチームメンバーへ働きかけることができる。
  2. リーダーシップが発揮できる取り組みを通して、看護師としての自己の役割、課題を見出すことができる。
  3. 自己の看護実践の意味づけを行い、後輩の学習を支援できる。

レベル IV コース

目的

看護実践の役割モデルとなることができる。
 

目標

  1. 倫理や家族ケアについて学び、倫理的問題の解決に向けて看護チームのリーダーとして行動することができる。
  2. 後輩の指導者としての役割を果たすことができる。
  3. 看護研究に取り組み事ができる。

レベル V コース

目的

専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり研究への取り組みができる。
 

目標

  1. 看護研究論文をまとめ、院内外で発表し、投稿することができる。
  2. 多様なニーズを把握し、患者の価値観を反映した判断を行い、看護を実践できる。
  3. 自部署の課題に対し、他部門と調整しながら解決行動をとることができる。
  4. 自己の看護観や価値観に裏付けられた信念や良心に基づき、役割を果たすことができる。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら